ロービジョン

中途視覚障害者は人生の中途で目が不自由になった人のことで、
視力の極端に低いロービジョンといわれる障害も含みます。

実際は目の不自由な人の中で、このロービジョンといわれる人は7割ほどに達するといわれているそうです。
全く目が見えないわけではなくても、生活や仕事をする上のハンディは大きいです。

40歳を越えて目が不自由になる人が多いので、生活にも非常に影響があるようです。
精神的なダメージも大きく、そのあたりのケアも必要になるケースもあります。

目の不自由な人の就職について、ハローワークの取り組みがあります。
目の不自由な人にとって、職を得るのはいろいろな障害があります。

就労のお手伝いだけではなく、いろいろな問題の解決を図るように、
たとえば、障害者就業のための生活支援センターやあるいは眼科
地域障害者職業センターなどと連携して総合的な支援も出来る体制になっているようです。

パソコンを活用した仕事や生産現場やあるいは販売などいろいろな仕事に
対応できるように支援の輪が拡がっていけば、もっと視覚障害の人が
不自由なく生活できるようになると思います。

バリアフリーとユニバーサルデザイン

家を建てるときに最近の建築デザインの中にバリアフリーというのがあります。

たとえば、目の不自由な人が生活しやすいように、段差をなくしたり、手すりをつけたり

階段を少なくしたり、もちろん目の不自由な人に限らず、手足が不自由なお年寄りなどにも
やさしい住まいを提案する建築デザインの手法です。

目の不自由な人のためのバリアフリーは歩道の点字ブロックや音のなる信号機など
街の中にも溶け込んで普段は見落としがちですが、いろいろ見かけられます。

バリアは障壁で、フリーはそれを取り除く意味で、
目の障害や手足の不自由な人のための便利な道具としてあります。

これに似たもので、ユニバーサルデザインという言葉もよく耳にしますが、
日本ではよく混同して用いられているようです。

このユニバーサルデザインはもっと広い分野において使われる用語で、
一般の人、子供や高齢者、あるいは目の不自由な人、

あるいはいろいろな体の不自由な人などだれにでも利用可能なデザイン。
たとえば缶チューハイや缶ビールなどの点字。

牛乳パックのきり欠きとか、点字や音声の出る案内板など多岐に渡ります。

バリアフリーにしてもユニバーサルデザインにしても、
誰にでも不自由のないデザインとして、もっともっと工夫して
よりよい生活が出来るようになると良いです。

目の病気


目の不自由な人といっても、例えば、視力が極端に低いという人がいます。
視力を少しでも取り戻す方法としては、レーシックというのがあります。

レーシックは視力回復の手術で、専門的に扱う病院も多くあります。
近視の手術で、入院の必要は無いので日帰りでの手術だそうです。

視力が極端に低くて、生活に不自由されている人も相談されるのも良いかもしれません。
中途で視力を失う主な原因は、いくつかありますが、緑内障や糖尿病による網膜症、網膜色素変性症
が三大中途視覚障害の原因だそうです。

最近は加齢による加齢黄斑変性という目の病気が増えているそうです。
中途で目が不自由になると、精神的なダメージも大きいですし、
何よりも最初から目の不自由な人よりも生活に苦労することが多いです。

高齢化社会化していく日本では、加齢による目の病気が増えるのは仕方ないのでしょう。
糖尿病からくる目の病気もあるので、普段から健康に心がけるのは大事です。

そして、少しでも異常があれば病院に早めに行く習慣をつけることも大事かもしれません。
レーシックなど少しでも改善する方法もあります。

盲導犬

朝日ニュースターの「よみがえれ日本」という番組があります。
ユニバーサルデザインについて、日本の現状を伝える番組ですが、

今日のテーマは、盲導犬についてでした。
去年、10月に日本盲導犬総合センターが、富士宮市にできたそうです。

目の不自由な人のための、盲導犬の訓練
盲導犬用の犬の繁殖から、もうう同権を引退した、
犬の老後の面倒を見る施設など、すばらしい施設のようです。

現在、目の不自由な人で、盲導犬を希望して待っている人は
120名ほどいるそうです。

実際に、去年、待っている目の不自由な人に盲導犬が支給されたのは、
60名ほどだそうです。

年間120頭ほど、盲導犬として目の不自由な人に貸与されるそうなのですが、
半分ほどは、以前から盲導犬を使っていた人に優先で貸与されるそうで、
今申し込んでも、2〜3年くらいは待たなければならないようです。

盲導犬は、1才くらいから訓練を始めるそうで、
1才になるまでは、ボランティアの人に預かってもらうそうで
そんなボランティアも一般に募集しているそうです。

パピーウォーカーと呼ぶそうですが、
もし関心がある方は、日本盲導犬協会のホームページをご覧ください。

盲導犬を連れている、目の不自由な人を見かけたときは
盲導犬にかまわないようにするのが、一番良いそうです。
決して声をかけたりしないで、暖かく無視してくださいということでした。

災害にあったら

予期せぬ出来事。特に自然災害。
なかでも、地震は健常者でも大変ですが、
目の不自由な人にとっては、それ以上に大変な事態です。

目の不自由な人が災害に遭遇した時は、
周りの人が、目の不自由な人の、誘導や非難の手伝い
をしてあげるようにしましょう。

例えば、地震に遭ったときは、できれば机の下などに
もぐりこむようにすればよいようです。

揺れが収まったら、まず、火の気がないかを確認して、
もし、火の気を感じたら、大声で助けを呼びます。

特に煙を感じたら、できるだけ頭を低くして、避難します。
しかし、そうでない場合は、
普段のように動き回らない方が良いです。

周りの状況が激変していることがあるので、
危険な場合があります。

出来るだけ早く周りの人が、周りの状況を伝え、
安全な場所へ誘導してあげます。

外出時には必ず白杖を携帯するようにしましょう。
災害にあった場合、目が不自由だということを周囲の人に理解してもらい、
助けが得られやすいでしょう。

目の不自由な人を誘導する時は、
白杖を持たないほうの手で自分のひじの上あたりを握ってもらい、
目の不自由な人にあわせて、足元に注意しながらゆっくり歩くようにします。

盲導犬を連れている人には、安全な方向を説明し、
盲導犬をひっぱたり、さわったりしないようにします。

とにかく安全に誘導できるように、声をかけながら
手助けしてあげましょう。

ゲームを楽しむ

目の不自由な人の道具の中で、娯楽を楽しむ道具もいろいろあります。

目の不自由な人のために開発されたオセロゲームがあります。
盤のます目がでっぱていて、駒の中には磁石が入っているので、枠に固定できます。

コマの黒いほうに渦巻きがあって、指先で分かるようになっています。
またコマ自体がリバーシブルになっていて、それが盤の上で回転するようになっているものもあります。

それから、将棋の盤とコマもあります。
将棋の場合はコマの種類がたくさんあって、途中でコマの性格が変わったりするので、
いろいろ目の不自由な人でも簡単に遊べるように工夫があります。

将棋の場合はコマに突起が付いていて、それでコマの種類が分かるようになっています。
それからコマが金に成ったり銀に成ったりするので、それも分かるように
工夫がされています。

そして、実際に目の不自由な人のための将棋大会も開催されています。
目の不自由な人のための将棋は歴史が古く、このような道具が無い時代でも
将棋盤を頭の中に描いて、お互いに声のやり取りで行っていたということです。

また、パソコンのソフトで目の不自由な人のための将棋ソフトがあるそうです。
キー操作と画面読み上げで将棋を指すようです。

コンピューターゲームもいろいろ開発されているようなので、今度調べてみます。