弱視についてカテゴリの記事一覧

視覚障害者

目の不自由な人といっても、まったく見えない人、それから見えにくいあるいは非常に視力が弱い
という人の割合は、明らかに見えにくい、いわゆる弱視といわれる人のほうが圧倒的に多くて、

7割の人は目の不自由な人といっても少しは見えるという人たちです。
弱視の人、そしてまったく見えない人を合わせて、視覚障害者といいます。

そもそも弱視というのは、小児のころの視神経の発達が関係しているようです。
そもそも赤ちゃんは最初から目がよく見えるわけではなく、

最初の6ヶ月くらいは0.05くらいの低い視力で、そこから徐々に視神経が発達してきて、
だんだんと目が見えるようになるそうです。

しかし、小児の成長期に目の病気やケガなどによって、視神経の発育がうまくいかず
そのまま弱い視力のままになってしまうと、弱視ということになります。

そういう子供は物を見るときにくっつけるように見たり、斜めに見たりするのでわかるそうです。
自分の子供は目の発達は大丈夫か、よく観察している必要があります。

もし、自分の子供が弱視だと分かったら、早い治療が必要です。
そのまま放っておくと、大きくなってからはなかなか治りにくいからです。

子供の弱視は6歳くらいまでに治療をしないとあまり効果は期待できないといわれています。
目が不自由な子供は大人にも責任があるかもしれません。

目の不自由な人


目の不自由な人の中には弱視といわれる人もおられます。
弱視は、日常生活する上で、不便な事もあります。
治療できるものなら、もちろんするべきですが、
治療できるかどうか、原因にもよるようです。

物を見るのに、子供は生まれてすぐ見えるのではなくて、
実際に物を見ることによって目も成長し、
6歳くらいになると大人と同じように見えるようになるそうです。

そして、何かこの期間の目の異常(例えば斜視、遠視、白内障 など)により
物を見ることがうまくできないと視力が正常に育たないことがあります。
その状態を弱視といいます。

先天性の白内障などの場合、治療は難しいようです。

もう一つの原因による弱視は、視力の発達する3歳頃までの幼児期に
斜視とか強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)があると、
ちゃんと見えていない目からの情報は制限され、正常な目だけで見るようになり
視力が上がらないようになるものです。

このような場合は、視力の改善が望めるそうです。
治療は低年齢であればあるほど、良い結果が期待できます。
一般的に、8〜10歳程度で視力の発達は止まると考えられていますので、
個人差はあるようですが、早ければ、改善も望めるようです

実際の治療は、眼鏡による屈折矯正が一般的で、
眼鏡で矯正して網膜にピントをきちんと合わせて、機能の発達を
促進するということです。
片方の目のみが視力が悪い時は、良い方の目をアイパッチと呼ばれる
もので塞いで、悪い方の目の発達を促すようです。

それから、最近、近視の治療にレーシック手術という技術が
使われます。
もしレーシックについて詳しくお知りになりたければ
こちらもご覧ください。